土日にお金が入用になった時はお金借りるほうがメリットが大きい

土日にお金が入用になった時はお金借りるほうがメリットが大きい

お金を下ろす時に銀行や郵便局の窓口ではなく、ATMを利用する人の割合いは年々増加しています。コンビニのほとんどにATMが併設されているため、緊急でお金を工面しなくてはならなくなった時にATMが活躍することも多くなってきました。しかしATMから引き出すお金は自分が金融機関に預けたものなのに、時間や曜日によって手数料がかかるため、事実上損していることがほとんどです。

特に休みの人が多い土日に手数料が発生するATMは多く、手数料の支払いを押さえるために平日にお金の引き出しを検討する利用者も多くなっていますが、社会人であれば平日は会社勤めなどの用事があるので、なかなかATMに箸を運ぶ機会に恵まれません。結果として休日の土日にATMを利用する頻度が増えてしまい、手数料の支払いが増えてしまうのです。

土日にお金が入用になった時はお金借りるほうがメリットが大きい

このような事態を回避する方法の一つが、土日にお金が必要なことをしないことですが、せっかくの休日に家族や友人と外出したり食事をしに行きたいと思うのは、人間の自然な気持ちでしょう。なのでそんな場合は、自身の預けたお金を引き出すことに執着するのではなく、金融機関からお金借りる方向で考えてみると、余計な手数料を支払う必要がなくなります。何故かと言うと金融機関でお金借りるケースでは、金融機関の選び方を間違えなければATMの利用とは違って手数料が発生しないからです。

注目すべきポイントは、土日のキャッシング利用料が平日と変わらないことと、無利子で借りられることの二つです。このふたつを兼ね備えた金融機関でお金借りることが可能なら、土日の高いATM手数料を払って自身のお金を下ろすメリットはほとんどないといえるでしょう。もちろん無利子であっても借金には違いないので、きちんとした返済計画が必要になります。しかし返済するお金はそれこそ平日にATMから必要な額を下ろせばいいので、緊急的に土日の間にお金が必要になった時にはお金を借りたほうが、通帳から引き出すよりもメリットが大きいのです。

このページの先頭へ